055-943-7752

ブログBlog

Blog

055-943-7752

営業時間

10:00~20:00

定休日

火曜日、第1・第3水曜日

Home > ブログ > 生理痛と整体

ブログ

生理痛と整体

 先日、女性のお腹セラピー(腸と子宮のセラピー)を希望されて、『るあそる』は初めてのお客様が来店されました。
お腹セラピーの希望の方は、便秘の方が1番多いのですが、その方は生理痛がお悩みとの事でした。
 「生理痛でしたら、整体がお勧めですよ」「1番良いのは、整体とお腹セラピーをセットで受けていただく事ですが、どちらか1つであれば、まずは整体をお勧めします」と申し上げました。そうしますと、そのお客様は「生理痛に整体が良いなんて、聞いたことがない」と、考えたことも無く信じられないといった雰囲気でした。

 『るあそる』には、生理痛で悩まれている方が、多く来店されています。
長い間、生理痛がひどく、何件も病院に行ったが改善されない。あげくに、「過敏になりすぎなのではないか」と言われ、「心が折れた!」
病院がだめなら、他に何かできないかと来店された方もいらっしゃいました。この方は、お腹セラピーはやらず、整体のみでした。
 整体をしてみると、背骨は蛇行するように曲がり、身体は小さい方ですが、むくみでパンパン。
パソコン3台を操ってお仕事されているオペレーターさん。同僚の方は皆さん、整体・マッサージに行っているので、自分も「身体のケアをしないと、駄目かな」と思っていたという事でした。身体も他に、不調はあったようですが、それより何より「生理痛が辛い」との事でした。
 最初は週1回。そのあと2週に1回通っていただきました。「整体をすると目がすごく見えるようになってびっくりするけど、膝裏や鼠径部がパンパンで重苦しい」との事でした。「それは、身体中、老廃物でパンパンになっています。それが出ていけば大丈夫」と励ましながら、頑張って通っていただきました。
 今でも、月に1回のメンテナンスに来店されます。
「あ~!楽になった。本当に目が良く見える」と言いながら帰られますが、最初は生理痛で来店されたことは、どうも忘れているようです(笑)

 生理痛の原因は、子宮が後屈していて出にくいとか、生まれつきの子宮の奇形等もあるようですが、1番多いのは、血流の悪さにあるように感じられます。
 生理は、子宮が赤ちゃんを育てるために用意したベッド(子宮内膜)が、赤ちゃんの卵(受精した卵子)が着床しなかったため、不要になり、排出されるものです。
赤ちゃんのベッド(子宮内膜)は、血液で作られています。たっぷりの血流があれば、ふかふか・とぅるんとぅるんのベッドが出来ていて、それがはがれ落ちる時も
とぅるんとはがれてくれます。
 血流が悪くて、充分に血液が補充されないと、薄いクッションのないゴワゴワのベッドになります。ゴワゴワでクッションのないベッドでは、赤ちゃんの卵が着床するのも育つのも難しいし、はがれる時も無理やりはがされる感じで、想像してみると痛そうですよね。

 子宮の血流が悪くなる原因は、冷えもありますが、子宮の支配神経の緊張もあります。子宮の支配神経は背中の真ん中あたりから出ています。
ですから、背中がこっていたり、背骨が曲がっていれば、神経が緊張してしまいます。身体が不調であれば、冷えも増します。
という事で、整体で身体を緩めて、背骨を整えるのは、理にかなった事ではないでしょうか。

 腰痛で、来店される方の中にも、生理痛がひどい方が多いです。生理時に腰痛が出る方もいらっしゃいます。
 全く、生理痛が気にならなくなった方もいれば、軽減されたけど、まだ感じるという方もいらっしゃいます。最初にしっかり通われ、定期的にメンテナンスされている方は、まず、楽になっているようです。

  最初に紹介したお腹セラピー希望で、来店されたお客様は、結局、整体を受けて帰られました。今まで色々、整体は行っているけれど、『るあそる』の整体は、初めての不思議な整体。「こんなので良くなるの?と思って受けていたけれど、何だか身体が軽い」とつぶやきながら帰られました。

 『るあそる』の整体は、肩こり用・腰痛用といった部分・症状を限定した施術ではありません。自律神経を整え、自己回復力を上げ、元気な自分を取り戻すための整体です。
 どの方も元気になっていただきたいと、願うばかりです。

シェアするShare

ブログ一覧